忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



トップページへ




アニメーターになるには
専門学校には通うべき? 年齢 給料 将来 人材不足 理想を持つ
就職活動 作品集の作り方 勉強の配分 就職活動を振り返って Q&A (絵の練習について 就職について)

アニメを制作する
作画の工程 仕事道具 用紙の種類 研修期間体験 上手い動画とは? 手の早さ 作業の意味を再確認
レイアウト作業後反省 原画経験後の変化 キャラ表活用 原撮を見たい アニメ制作素材サンプル(動画)
参考アニメ 知っておくべき撮影用語集 Q&A (動画の技術について)

絵を描く・画力を高める
何を描こうか悩む 似せるということ 分かりやすいように描く 静と動 仕事に対する姿勢
アニメーターの線 ネットで学べる作画技術 ほんとに最初の絵の練習法

アニメの職種紹介
作画 制作進行 色彩設計・色指定・仕上 背景美術 撮影・特殊効果

雑談
参考書 新聞 大切な人達 新しいスキル 肩書きやレッテル アニメーションという表現方法
就職時期 作品にもう一手間 制作素材の参考書籍 今見えている景色 一人暮らし 作業スタイル
自由 セル画 三周年企画 アニメビジネスがわかる 動きの比較 吉成曜監督の作画指導
制作現場が出てくるアニメ エウレカセブンのはなし。

リンク アニメーターズ・インタビュー アニメーター関連商品(外部) サイト更新履歴


そろそろ・・・

研修期間ですが、思っていたより早く終わりそうです。

このブログでは、アニメーターになる方法を、実体験を交えて記載してきました。
ですが、私の研修期間が終了した時点で、このブログの更新を終了したいと思っております。

このまま続けて記事が増えていくと、重要な内容が埋まってしまい、ここの存在価値が下がってしまうことが大きな理由です。

ただ、質問のコメントに関しては、休止後も回答していくつもりでいます。

詳しいことは最後の更新にて掲載いたします。


といってもまだ一月はあります。
その間にやってみたいこともありますし、画像も載せてみようかなとも思っています。
まだまだ内容は充実させていこうと思っていますので、よろしくお願いします。


研修期間体験記8


トップページへ




アニメーターになるには
専門学校には通うべき? 年齢 給料 将来 人材不足 理想を持つ
就職活動 作品集の作り方 勉強の配分 就職活動を振り返って Q&A (絵の練習について 就職について)

アニメを制作する
作画の工程 仕事道具 用紙の種類 研修期間体験 上手い動画とは? 手の早さ 作業の意味を再確認
レイアウト作業後反省 原画経験後の変化 キャラ表活用 原撮を見たい アニメ制作素材サンプル(動画)
参考アニメ 知っておくべき撮影用語集 Q&A (動画の技術について)

絵を描く・画力を高める
何を描こうか悩む 似せるということ 分かりやすいように描く 静と動 仕事に対する姿勢
アニメーターの線 ネットで学べる作画技術 ほんとに最初の絵の練習法

アニメの職種紹介
作画 制作進行 色彩設計・色指定・仕上 背景美術 撮影・特殊効果

雑談
参考書 新聞 大切な人達 新しいスキル 肩書きやレッテル アニメーションという表現方法
就職時期 作品にもう一手間 制作素材の参考書籍 今見えている景色 一人暮らし 作業スタイル
自由 セル画 三周年企画 アニメビジネスがわかる 動きの比較 吉成曜監督の作画指導
制作現場が出てくるアニメ エウレカセブンのはなし。

リンク アニメーターズ・インタビュー アニメーター関連商品(外部) サイト更新履歴


無題

目途が立ったようで、おめでとうございます!いよいよ動画に入られるんですね。羨ましい限りです(><)
念願の画像アップを心待ちにしてます。笑。でも更新が止まってしまうのはちょっと寂しいです。別のブログを立てたりはなさらないんですか?

それからお手を患わせて申し訳ないのですが、よろしかったら質問に答えていただきたいです。すごく個人的なことなので、ご面倒でしたら無視してください。
私は今クロッキーやパースなどの練習をしているんですが、いくら動きのついたものを描いてもそれは一枚の、止まった絵です。これが本当にアニメに応用できるかということについて少々疑問を感じています。
入社試験に『動画の実技』を課すスタジオも多いようなのですが、エンピツさんは動き、というか動画の練習(GIF動画を作ってみたり、中割りを考えたり)というのはなさりましたか?

RE:無題

ritsuko さん
コメントありがとうございます。

他のブログを立てることも考えたのですが、明確なテーマが今の自分には見つけられませんでした。
それがハッキリすれば、また何か始めるかもしれません。


私は動画に関しては全く勉強しませんでした。

アニメも制作している時点では一枚の止まった絵です。
研修課題の原画を見て思ったのですが、そこに詰め込まれた技術には凄まじいものがあります。
0.何ミリの凹凸に込められた意味をを見落とさないためにはデッサン力が必要不可欠です。
そのクォリティーを維持しつつ中割をすることが動画の役割だと思っています。

動きに関しては原画の方の力で、よほどの失敗をしなければ滑らかに動きます。間違えやすいのですが、実際アニメを動かしているのは原画の方で、動画はそれをより滑らかにする仕事です(分かりやすい例は「ノエイン」という作品のDVD特典より原撮を見ていただけると分かるかと思います。原画のみですが十分動いて見えます)。

また、動きに関しては分からなければ先輩に教えてもらうことは出来ますが、デッサンについて聞くのは失礼にすら感じます。アニメーターになる前にある程度知識をつけておくことをお勧めします。

動画の実技を試す会社に関してですが、大抵の場合、そこが推奨する専門学校というものが存在して、枠はほぼそこの卒業生、又は現役アニメーターで埋まってしまうという印象があります。
確かにそのような会社を受ける場合は、動画の勉強もデッサンと同じくらいしていないといけないかもしれません。

これらはあくまでも私が感じている印象でして、自分で必要だと思うなら、やってみるに越したことはありません。GIF動画の作成経験もきっと役に立つと思います。

無題

返信ありがとうございます。
ここhttp://www.pa-works.jp/runner/stance/sekiguchi/sekiguchi-index11.htm
で『クロッキーで培ったものって確かに基本なんですけど、使えないんですよね。アニメでカッコよく見せる見せ方って違うじゃないですか? 』というのを読んでええ~っとなって、変な質問をしてしまいました。そんなことで不安になる前に手を動かそうと思います。どうもすみませんでした。

ノエイン見ました。確かに原画だけでも動いて見えますね。『動画は原画をより滑らかにする仕事』というのがすごく分かりやすかったです。なるほど……。
けれど模写して中割するというのも技術のいるたいへんな作業に変わりないですよね。追いつけるように精進します。エンピツさん、これから頑張ってください。

RE:無題

ritsuko さん

リンク先の記事を読ませてもらいました。

実際のアニメーターの方が言われているので、ritsukoさんが不安になる気持ちも分かります。

ただ、理解していただきたいのは、この方はクロッキーをかなり勉強した上で[これ重要]、自分なりにその答えを言われているわけです、そして、全くの否定ではなく、「私は・・・」とか「自分に当てはめると」とあくまでも自分の中にとどめた意見だと思います。

経験者の意見を聞くのは大切ですが、すべて聞いていると、それはそれで個性のない絵しか描けなくなる気がします。

また、基本とも位置づけておられます。基本は重要ですよー(笑)。

多分、クロッキーのように出来るだけ早く、がむしゃらに線を引くのはアニメの作画には向かないということを言われたいのだと思います。
本当に0、数ミリの世界ですので。
一発で一本の正しい線を導き出す力を鍛えることが重要なんでしょうね。

それでも本当に表現方法は人それぞれです。一緒だったらつまらない。自分の勉強したいことを学び、それを生かして頑張っていきましょう。

こちらにも

動画になってからも結構いろいろ知ること覚えることはたくさんありますから、このブログを続ける意味はありますよ。

本日ここを知ってやってきましたけれど、同じ同業者として応援しています。

Re:こちらにも

alfate さん

ありがとうございます。

私はアニメーターになりたいと思った時に、実際どうしたらよいか分からないといという自身の経験より、このブログを立ち上げました。

その事に関しては、若干考えがまとまっている気でいますが、動画に関しては全くの新人ですし、自分として納得の出来る文章を書ける自信がまだ無いんです。

また自分で納得できる文章を書けるような経験を積むことができれば、同じような形で発表するかもしれません。

記事を読んでくださってありがとうございました。

無題

はじめまして。エンピツさんのサイトは、アニメーターの内情など実にリアルに書かれており、大変参考になります。

私は、機械系の大学に通っていますが、あることがきっかけでアニメーターになりたいと思うようになりました。
しかし、年齢(現在23)もそうですが、専門学校も通ってない私でもなれるのか、もうすぐ就活が始まる時期に来て、すごい不安に駆られています。
自分のレベルがどれくらいなのか、(比べるのはあまりよくないことだとは思いますが、)独学でやっていっても大丈夫なのか。といった不安などがあります。

就活で提出する課題に関しては、会社によって違うかもしれませんが、一枚絵として完成させる必要があるのでしょうか?
それとも日頃からどれほどクロッキーしているか、というのを見るのでしょうか?
私はメカ(車やロボットなど)を描くのが好きなのですが、それはアピールになりますか?(模写できるレベルで、自由自在には描けません。)
変な質問を連ねて申し訳ありません。時間を取らせて申し訳ないですが、質問に答えていただけたら有難いです。

私の目標というか夢は、アニメーションを通して人を癒すことです。癒すというのは、精神的な病を治すこと、明るい未来を築いていくために特に子供たちに希望や夢を持ってもらうこと、自然の心を持ってもらう、ことです。
アニメーションというのは、私もそうですが、人の価値観を変えるほどの影響力があると思っています。長々とすいません。

Re:無題

kiku さん

初めまして。
作品はあくまで自己紹介[自己表現]ですから、決まりきった型というものはなく、自分がやりやすい方法で作成されると良いと思います。

クロッキーやデッサン・パースが作品なのではなく、それらの技術を用いて自分の表現したいものを表したもの(総合)が作品といえると思います(だからといってあまり他人に理解できない抽象的なもの等は避けたほうが良いと思われますが・・・)。

なので、kikuさんの好きなメカやロボットでアピールするのも有効だと思いますよ。機械系の大学で得た知識も絵の中に加えていってみてはいかがですか?あまり他の人には真似のできないようなインパクトのある作品が出来上がるかも知れません。

大手の次年度雇用はほぼ終わってしまいましたが[大体毎年夏ごろにから試験・面接等が始まります]、他の会社は常に募集中だと思いますので、自分に合うところを見つけて、出来るだけ早く作品を持ち込んでみてください。

今なら次年度採用予定の人たちと同じ時期、または早く研修期間をはじめることが出来るかもしれません。


人に感動や癒しを与える作品を作ることは、並大抵な力では成すことが出来ないと思いますが、目指すべきところが高いほど頑張れると思いますし。きっとかなえることも出来るはずです。

頑張ってください。応援しています。



にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

PR