忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



トップページへ




アニメーターになるには
専門学校には通うべき? 年齢 給料 将来 人材不足 理想を持つ
就職活動 作品集の作り方 勉強の配分 就職活動を振り返って Q&A (絵の練習について 就職について)

アニメを制作する
作画の工程 仕事道具 用紙の種類 研修期間体験 上手い動画とは? 手の早さ 作業の意味を再確認
レイアウト作業後反省 原画経験後の変化 キャラ表活用 原撮を見たい アニメ制作素材サンプル(動画)
参考アニメ 知っておくべき撮影用語集 Q&A (動画の技術について)

絵を描く・画力を高める
何を描こうか悩む 似せるということ 分かりやすいように描く 静と動 仕事に対する姿勢
アニメーターの線 ネットで学べる作画技術 ほんとに最初の絵の練習法

アニメの職種紹介
作画 制作進行 色彩設計・色指定・仕上 背景美術 撮影・特殊効果

雑談
参考書 新聞 大切な人達 新しいスキル 肩書きやレッテル アニメーションという表現方法
就職時期 作品にもう一手間 制作素材の参考書籍 今見えている景色 一人暮らし 作業スタイル
自由 セル画 三周年企画 アニメビジネスがわかる 動きの比較 吉成曜監督の作画指導
制作現場が出てくるアニメ エウレカセブンのはなし。

リンク アニメーターズ・インタビュー アニメーター関連商品(外部) サイト更新履歴


人手不足ではなく人材不足

アニメ業界は、人手不足というイメージがあるみたいですが、私は少し違うように感じました。正しくは「上手いアニメーターの不足」つまり人材不足だと思います。

>『半年で半分辞める』『一年で九割辞める』『大手で10人採っても1人残るか残らないか』などの状況を聞きますが…本当にそんなことになってるんでしょうか。

確かに人の入れ替わりは激しい世界だと思います。若年層がなかなか定着しないという問題は、今に始まったことではないようです。そして今、その流れから中間層の人材不足という問題が起こっています。中間層がいないということは、新人に教える人がいないということで、どうしても細やかな所まで眼が届かず、放任に近くなりがちです。
 

ただ、全てそのせいで若年層が定着しないのかというと、私は違うと思います。最近は、学校のように黙っていても教えてもらえると思っている方が多いように思います。分からないことは自分から質問して、教えを請う。それが教えてもらう側の正しい姿勢だと思います。

それが出来ずに、自分の殻に閉じこもって、出来ない事を一人で悩んでしまい辞める方向に向かってしまう方も多いのではないでしょうか。簡単な二択ですね。「分からないことを聞くのと聞かないの、どちらが自分の力になるか」


それと、もう一つ「挨拶するのとしないのはどちらがよいか」たとえ相手に無視されても、しておくに越したことはありません。もしあなたが逆の立場だったら、挨拶もしないような新人にわざわざ時間を割いて技術を教える気になりますか?必要最低限の礼儀は心得ましょう。

金銭的な面もあると思いますが、それも以前記事にしたように、実際今の自分にそれだけ貰える様な実力があるのか、ということも考えなければいけません。逆に考えれば、実力をつければ解決する問題です。

また、「大手でも・・・」ということに関してですが、必ずしも大手が恵まれているかというと、そうではありません。例えば、固定給であるということは逆に考えれば、それ以上は稼げないということです。大手に入れる実力があれば、他のところで働けばそれ以上に稼げる場合もあるはずです。

また回りは全員うまい人。入社当時はよくても、その後の自分の成長速度が遅いと焦って、自分を追い詰めかねません。

結局のところ、周りで何人辞めようが、自分には関係の無いことです。どっしり腰を落として多くを学べば、自分が中間層になった時に必ず必要とされます。何度も繰り返しますが、自分を強く持って頑張りましょう!



理想を持つ


トップページへ




アニメーターになるには
専門学校には通うべき? 年齢 給料 将来 人材不足 理想を持つ
就職活動 作品集の作り方 勉強の配分 就職活動を振り返って Q&A (絵の練習について 就職について)

アニメを制作する
作画の工程 仕事道具 用紙の種類 研修期間体験 上手い動画とは? 手の早さ 作業の意味を再確認
レイアウト作業後反省 原画経験後の変化 キャラ表活用 原撮を見たい アニメ制作素材サンプル(動画)
参考アニメ 知っておくべき撮影用語集 Q&A (動画の技術について)

絵を描く・画力を高める
何を描こうか悩む 似せるということ 分かりやすいように描く 静と動 仕事に対する姿勢
アニメーターの線 ネットで学べる作画技術 ほんとに最初の絵の練習法

アニメの職種紹介
作画 制作進行 色彩設計・色指定・仕上 背景美術 撮影・特殊効果

雑談
参考書 新聞 大切な人達 新しいスキル 肩書きやレッテル アニメーションという表現方法
就職時期 作品にもう一手間 制作素材の参考書籍 今見えている景色 一人暮らし 作業スタイル
自由 セル画 三周年企画 アニメビジネスがわかる 動きの比較 吉成曜監督の作画指導
制作現場が出てくるアニメ エウレカセブンのはなし。

リンク アニメーターズ・インタビュー アニメーター関連商品(外部) サイト更新履歴


無題

お礼が遅くなって申しわけありません。丁寧な回答ありがとうございました。
最近アニメ業界について様々な情報が飛び交っていて、元気づけられたり、凹んだりを繰り返しています。
でも自分のやりたいことを見失わないこととそれに見合う努力をすることが大事だと将来に悩むうちにようやく気付いたので、とにかく夢に向かって手を動かそうと思います。

はじめまして

私はアニメーター志望の大学生です
どの記事もとても参考になりました。特に持ち込む絵については、周りに経験者もいないのでとても興味深かったです。ありがとうございました。
他の方のコメントにもありましたが、私も独学なので、毎日描きながら不安でした。でも、本当にやりたいので、がんばろうと思います。
お忙しいところ申し訳ないのですが、ひとつ質問があります。最近アニメーションのメイキングを扱った専門誌みたいなのを見ると、背景などを3DGCで作っているのを見かけます。自分がやりたいのは作画なんですが、3DCGにも興味があります。こういったものを学んでおくのは作画にも役立ちますでしょうか?
これからも記事楽しみにしております。
失礼しました。

RE:はじめまして

ひつじ さん

初めまして、記事を読んでくださりありがとうございます。

質問に関してですが、以前の記事にも書きましたが、私は無駄な知識はないと思います。
それを作画に役立てる事ができるかどうかは、その知識の性質ではなく、自分の力によるものではないでしょうか。
この世のすべての事を理解するのが理想ですが、そのためには時間が全く足りません。
ならせめて自分が好きなこと、知りたいと思うことを勉強して、自分の力で、吸収したことを生かしましょう。

現在3DCGは、アニメーションにかなり近い場所にあります。ディズニーやFREEDOMはその最先端といえるでしょう。
興味があるのでしたら、勉強しておくに越したことはないと思いますよ。



にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

PR