忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



トップページへ




アニメーターになるには
専門学校には通うべき? 年齢 給料 将来 人材不足 理想を持つ
就職活動 作品集の作り方 勉強の配分 就職活動を振り返って Q&A (絵の練習について 就職について)

アニメを制作する
作画の工程 仕事道具 用紙の種類 研修期間体験 上手い動画とは? 手の早さ 作業の意味を再確認
レイアウト作業後反省 原画経験後の変化 キャラ表活用 原撮を見たい アニメ制作素材サンプル(動画)
参考アニメ 知っておくべき撮影用語集 Q&A (動画の技術について)

絵を描く・画力を高める
何を描こうか悩む 似せるということ 分かりやすいように描く 静と動 仕事に対する姿勢
アニメーターの線 ネットで学べる作画技術 ほんとに最初の絵の練習法

アニメの職種紹介
作画 制作進行 色彩設計・色指定・仕上 背景美術 撮影・特殊効果

雑談
参考書 新聞 大切な人達 新しいスキル 肩書きやレッテル アニメーションという表現方法
就職時期 作品にもう一手間 制作素材の参考書籍 今見えている景色 一人暮らし 作業スタイル
自由 セル画 三周年企画 アニメビジネスがわかる 動きの比較 吉成曜監督の作画指導
制作現場が出てくるアニメ エウレカセブンのはなし。

リンク アニメーターズ・インタビュー アニメーター関連商品(外部) サイト更新履歴


将来を考えると不安

アニメーターになったとしても、将来の不安はなくなりません。専門学校時代に「自分はいつまでアニメーターとして働くのだろうか」とよく考えました。40歳位になると家庭ができたりして、辞める人も多くなると聞いたりもしていたので…。
 

その考えに一応の答え(自分なりの)が出たのは、結構最近です。専門学校を辞めてから今までの一年間は、辛かったけれども考える時間としては最適でした。専門学校で得た情報を元に、もう一度自分の中でアニメーターという職業について考ることが出来ました。

自分は、昔からサラリーマンや公務員にはなりたくないと思っていました。勝手な想像なのですが、生活の安定を得るために、毎日面白くもないことを事を繰り返して定年退職していく、という印象がありました(ひでぇ)。もちろん今は、そのようには思っていません。むしろアニメーターの印象がサラリーマンや公務員に近づいたという感じです。

アニメーターは、自分みたいな普通の人間の仕事でもお金に変換することが出来て、絵の世界で安定という言葉が似合う数少ない職業だと思います。安定している分、自由度もそれほど高くはありません。

結果的に自分が選んだ道は、絵の世界のサラリーマンだった(もちろん選んだ理由は安定ではないですが)。このことはあまり認めたくありませんでした。受け入れなければ、先には進めないのは分かっていたのですが。

それを受け入れてから、アニメーターになってから何をするかという事を考えるようになりました。そこにある仕事だけをこなすだけでなく、先の事も多少は意識すべきではないかと…。画家・イラストレーター・漫画家。アニメーターからそれらの道に進んだ人も多くいます。そしてもちろんアニメーターとしての上を目指す道もある。自分はいったいどこに向かえばいいのか…。
 

そんなある時、自分がアニメーターになってみたいと思った時期の事を思い出しました。


キャラクターを生きているように動かしたい!
自分で好きなように作品が作りたい!


それを思い出してから、これから目指す方向決まりました(まだ大雑把な方向ですが)。金銭が絡むと自由度は失われる。自由が適うのは自主制作しかない。そのために今の会社のアニメ制作に関するノウハウを全部吸収する。それが今の第一の課題になりました。


アニメーターになりたい!それだけを思って専門学校に入学した。その考えは、今回の目標に分岐し、今回の目標もまた違う道を見つけるかもしれないけれど「一生アニメに関わっていたい」その考えは絶対に変わらないと思います。


人員不足


トップページへ




アニメーターになるには
専門学校には通うべき? 年齢 給料 将来 人材不足 理想を持つ
就職活動 作品集の作り方 勉強の配分 就職活動を振り返って Q&A (絵の練習について 就職について)

アニメを制作する
作画の工程 仕事道具 用紙の種類 研修期間体験 上手い動画とは? 手の早さ 作業の意味を再確認
レイアウト作業後反省 原画経験後の変化 キャラ表活用 原撮を見たい アニメ制作素材サンプル(動画)
参考アニメ 知っておくべき撮影用語集 Q&A (動画の技術について)

絵を描く・画力を高める
何を描こうか悩む 似せるということ 分かりやすいように描く 静と動 仕事に対する姿勢
アニメーターの線 ネットで学べる作画技術 ほんとに最初の絵の練習法

アニメの職種紹介
作画 制作進行 色彩設計・色指定・仕上 背景美術 撮影・特殊効果

雑談
参考書 新聞 大切な人達 新しいスキル 肩書きやレッテル アニメーションという表現方法
就職時期 作品にもう一手間 制作素材の参考書籍 今見えている景色 一人暮らし 作業スタイル
自由 セル画 三周年企画 アニメビジネスがわかる 動きの比較 吉成曜監督の作画指導
制作現場が出てくるアニメ エウレカセブンのはなし。

リンク アニメーターズ・インタビュー アニメーター関連商品(外部) サイト更新履歴


はじめまして。

初めてコメントさせていただきます。
僕は、高校三年生のアニメーター志望者なのですが、この文章を読んで自分がなぜアニメーターになろうと思ってるのか、
改めて考えさせられました。
正直、多分ミーハー心が多少あるのかなぁと思います。
有名なアニメーターさんの仕事を見て憧れて、という感じです。
これを期に、もっとじっくり考えてみようと思います。
読みにくい文章すみませんでした。

RE:はじめまして

シマザキさん、はじめまして。
好きな原画さんに憧れたりすることはきっと誰にでもあって、絵を描く原動力や、アニメの可能性を信じることが出来る力になります。
それはアニメーターを目指す理由としては至極真っ当な事だと思いますよ。

このサイトは、自分の経験がアニメーターを志望される方の参考になればと考えて立ち上げました。少しでもシマザキさんの参考になれば嬉しいです。

初めまして!

私もアニメーターになりたいと思っている1人です。
大学4年生で、今就職活動中です。

何をしていいかわからず、筋肉・骨格を学んだりクロッキーをひたすらやってきました。
独自の勉強だったので不安でしたが、このブログを読んで安心しました。
自分の信じた道を精一杯歩んで、アニメーターになれるよう頑張ります。
有難うございました。

RE:初めまして!

宇里さん、はじめまして。
私も解剖学については、実際自分の力として使えるようになるまではとても不安でした。
特に独学だと不安になりますよね。

でも今は、絵を描くために解剖学を学ぶ事は非常に有意義な事だと確信しています。
ぜひ勉強を続けてください。きっとあなたの強い味方になります。

就職も頑張ってください!



にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

PR